ジルコニアは大きなカテゴリで分けた時、セラミックに入れることができるのですが、かつてのセラミックとは全く強度が違うという強みがあります。
安いのにも関わらず、詳しく調べたところ従来品に比べておよそ10倍も強度があったというレポートがあるほどです。
そのため、データとしては象の体重がかかったとしても破損しない事になります。

つまり、歯として口の中に使った場合は絶対に割れてしまうことはありません。
いくら格安だとしても就寝中などに無意識に歯ぎしりなどをすると危険なので、丈夫だというのはとても大きな安心感が得られるきっかけになります。
そして、福井では治療の際にジルコニアについてわかりやすい説明をしてくれます。

それは、構成するために必要な結晶の構造が変化しやすいため、生じた力が分散し吸収されやすいという説明です。
そのような構造なので、力強く噛み締めてしまった時でも口内で割れるリスクは極めて小さいです。

こうしたジルコニアが普及してくれたお陰で、最も使われていたメタルボンドの出番が減少しました。
メタルボンドという名前からわかりように、金属がふんだんに使われているので光が通りません。
しかし、ジルコニアなら金属が無いので光が通り、清潔な様相になります。

[PR]
by pojaxmqlhi | 2017-02-01 14:04 | メタルボンド | Comments(0)