ジルコニアで施術してもらうと様々な事に驚きを感じるのですが、まず最初に気付くのは軽いという点でしょう。
一般的に軽い素材はすぐに割れてしまったり、悪影響に見舞われしまうのですが、金属よりもトラブルが無いという優秀な素材です。
そのような素材を格安で使ってもらうことができるので、福井では歯の治療としてすっかりスタンダードになりました。

そして、耐久性が高いことはもちろんですが、耐熱性もあることから食事の際に熱いメニューでも難なく食すことができるのです。
また、ジルコニアは素材の名前であることから、ブリッジとして使われることもあります。
ブリッジと言えば、長くなるほど重さを感じるようになり、違和感が強くなってしまうものです。

そのため、話し方に違和感が出てしまうといった事もあるのですが、ジルコニアなら元々生えていた歯と同じように生活できます。

さらに、人体から分泌される唾液には長い目で見ると金属を溶かしてしまうリスクがあるのですが、ジルコニアなら長年使っていても変色しない上に腐食も起こりません。
つまり、安い金属のせいで金属アレルギーに陥ってしまうという事が防げるというわけです。
見た目も歯の付け根が黒くならず、清潔感があります。

[PR]
by pojaxmqlhi | 2017-01-31 14:03 | ブリッジ | Comments(0)